手芸やmoko婆ちゃん

手芸講師の経験を活かして、ご家庭で簡単に手作り出来る「NET講座」を立ち上げました。 手芸だけではなく日常生活で気が付いたことなども記してゆこうと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

彼岸花



今朝、日本庭園を散歩していると沢山の彼岸花が咲いていました。
「赤い花ならマンジュシャゲ♪」など口ずさんでいましたが白い花もチラホラ!

彼岸とは?検索してみました。
お彼岸は、春三月の春分の日、秋九月の秋分の日をそれぞれ中心としてその前後三日間を合わせた一週間を、春のお彼岸、秋のお彼岸と呼んでいます。最初の日を、彼岸の入り、まん中の春分の日・秋分の日を中日、そして、最後の日を、彼岸明けといいます。
仏教には、西方浄土といって、西に極楽があるという考えがあります。
春分の日、秋分の日には、太陽が真東から出て、真西に没します。
この真西の日没のと頃こそ、往生の願いをかなえてくれるところであるという考えで、春秋二季のこの時期に、彼岸会が営まれるようになったという説があります。
また、仏教では、苦しいことも快楽も、よきにつけ悪しきにつけ、極端にはしらず、中道を重んじます。春と秋の彼岸の時期は、暑からず寒からず季節の中道ともいえるでしょう。
暑さ寒さも彼岸までといわれるように、季節の変わりめであり、気候も良い時期のお彼岸は、すっかり日本人の生活に定着しています。
単に仏教上の行事ではなく私たちの生活のなかで、季節のシンボルともなっています。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/22(金) 11:20:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

孫の誕生日

9月15日
孫の二歳の誕生日です。
昨年は初めての誕生日で大騒ぎをしていましたが今年はプレゼントは何が良いかな?と思うくらいです。
元気で二歳を迎えられたことを神に感謝しています。これからもすくすくと育ってくれることを祈ります。
まゆたんおばさま達から素敵なプレートを戴きました♪

  1. 2006/09/16(土) 07:03:04|
  2. 手芸サイト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

朝日新聞「天声人語」より

朝日新聞「天声人語」2003年8月28日
▼だれがつくったのかわからない一編の短い詩が欧米や日本で静かに広がっている。
愛する人を亡くした人が読んで涙し、また慰めを得る。そんな詩である
▼英国では95年、BBCが放送して大きな反響を呼んだ。アイルランド共和軍(IRA)の
テロで亡くなった24歳の青年が「ぼくが死んだときに開封してください」と両親に
託していた封筒に、その詩が残されていた。
▼米国では去年の9月11日、前年の同時多発テロで亡くなった父親をしのんで11歳の
少女が朗読した。米紙によるとすでに77年、映画監督ハワード・ホークスの葬儀で俳優
のジョン・ウェインが朗読したという。
87年、女優マリリン・モンローの25回忌にも朗読されたらしい
▼日本では、95年に『あとに残された人へ1000の風』(三五館)として出版された。
最近では、作家で作詞作曲家の新井満さんが曲をつけて、自分で歌うCD
「千の風になって」を制作した。
▼作者をめぐっては、19世紀末、米国に渡った英国人、30年代の米国人、米国先住民
の伝承など諸説ある。
いつどこで生まれたのかわからない、風のような詩だ。
  1. 2006/09/03(日) 08:21:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

手芸やmoko

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

最新の記事

ぷくぷくじゃんけん

星が見える名言集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。